>  > 18インチ サマータイヤ セット【プリウスα(40系 全グレード)】MID RMP 028F ハイパーメタルコート/ミラーカット 8.0Jx18ヨコハマ エコス ES31 215/45R18


18インチ サマータイヤ セット【プリウスα(40系 全グレード)】MID RMP 028F ハイパーメタルコート/ミラーカット 8.0Jx18ヨコハマ エコス ES31 215/45R18

18インチ サマータイヤ セット【プリウスα(40系 FASTER 全グレード)】MID RMP 028F ハイパーメタルコート/ミラーカット 8.0Jx18ヨコハマ エコス ES31 215/45R18 イヴォーク(LV2)用

公差の種類 記号 公差域の定義 図示例と解釈
形状公差 真直度公差  公差域を示す数値の前に、記号φが付いている場合には プジョー3008 205/60R16 ヨコハマ iceGUARD6 iG60 ホイール :バラーレ 16×6.5 108/4 +27 3X100 輸入車 スタッドレス ホイールセット 4本、この公差域は直径tの円筒の中の領域である。  円筒の直径を示す寸法に公差記入枠が結ばれている場合には、その円筒の軸線は、直径0.08mmの円筒内になければならない。
平面度公差  公差域は、tだけ離れた二つの平行な平面の間に挟まれた領域である。  この表面は、0.08mmだけ離れた二つの平行な平面の間になければならない。
真円度公差  対象としている平面内での公差域は、tだけ離れた二つの同心円の間の領域である。  任意の軸直角断面における外周は、同一平面上で0.1mmだけ離れた二つの同心円の間になければならない。
円筒度公差  公差域は、tだけ離れた二つの同軸円筒面の間の領域である。  対象としている面は、0.1mmだけ離れた二つの同軸円筒面の間になければならない。
線の輪郭度公差  公差域は、理論的に正しい輪郭線上に中心をおく、直径tの円がつくる二つの包絡線の間に挟まれた領域である。  投影面に平行な任意の断面で、対象としている輪郭は、理論的に正しい輪郭をもつ線の上に中心をおく直径0.04mmの円がつくる二つの包絡線の間になければならない。
面の輪郭度公差  公差域は、理論的に正しい輪郭面上に中心をおく、直径tの球がつくる二つの包絡面の間に挟まれた領域である。  対象としている面は、理論的に正しい輪郭をもつ面の上に中心をおく、直径0.02mmの球がつくる二つの包絡面の間になければならない。
姿勢公差 平行度公差  公差域は、データム平面に平行で、tだけ離れた二つの平行な平面の間に挟まれた領域である。  指示線の矢で示す面は、データム平面Aに平行で 【送料無料】 225/45R18 18インチ PIAA ピア エレガンツァ S-01 7J 7.00-18 SAFFIRO サフィーロ SF5000(限定) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、かつ、指示線の矢の方向に0.01mmだけ離れた二つの平面の間になければならない。
直角度公差  公差を示す数値の前に記号φが付いている場合には、この公差域は、データム平面に垂直な直径tの円筒の中の領域である。  指示線の矢で示す円筒の軸線は、データム平面Aに垂直な直径0.01mmの円筒内になければならない。
傾斜度公差  公差域は、データム平面に対して指定された角度に傾き、互いにtだけ離れた二つの平行な平面の間に挟まれた領域である。  指示線の矢で示す面は、データム平面Aに対して理論的に正確に40°傾斜し、指示線の矢の方向に0.08mmだけ離れた二つの平行な平面の間になければならない。
位置公差 位置度公差  公差域は DIXCEL アルテッツァジータ GXE10/15W スポーツパッド 前後セット GXE10W 15 inch wheel (Fr.275mm DISC) 用 ES Type アライ×東単 XD NAVY 【つや消し黒 XLサイズ】 フルフェイスヘルメット [Projectμ] プロジェクトμ ブレーキパッド COMP-B for ジムカーナ 1台分セット ギャランフォルティス CY4A 07/8~ 18インチ ラリーアート除く 2.0L 本州・北海道は送料無料 沖縄・離島は送料1000円(税別)、対象としている点の理論的に正確な位置(以下、真位置という)を中心とする直径tの円の中又は球の中の領域である。  指示線の矢で示した点は、データム直線Aから60mm、データム直線Bから100mm離れた真位置を中心とする直径0.03mmの円の中になければならない。
同軸度公差
又は
同心度公差
 公差を示す数値の前に記号φが付いている場合には、この公差域は、データム軸直線と一致した軸線をもつ直径tの円筒の中の領域である。  指示線の矢で示した軸線は、データム軸直線Aを軸線とする直径0.01mmの円筒の中になければならない。
対称度  公差域はデータム中心平面に対して対称に配置され、互いにtだけ離れた二つの平行な平面の間に挟まれた領域である。  指示線の矢で示した中心面は、データム中心平面Aに対称に0.08mmの間隔をもつ 、平行な二つの平面の間になければならない。
振れ公差 円周振れ公差  公差域は、データム軸直線に垂直な任意の測定平面上でデータム軸直線と一致する中心をもち、半径方向にtだけ離れた二つの同心円の間の領域である。  指示線の矢で示す円筒面の半径方向の振れは、データム軸直線A-Bに関して一回転させたときに、データム軸直線に垂直な任意の測定平面上で、0.1mmを超えてはならない。
全振れ公差  公差域は、データム軸直線に一致する軸線をもち、半径方向にtだけ離れた二つの同軸円筒の間の領域である。  指示線の矢で示す円筒面の半径方向の全振れは、データム軸直線A-Bに関して円筒部分を回転させたときに、

、円筒表面上の任意の点で0.1mmを超えてはならない。

公差域の定義欄で用いている線は、次の意味を表している。

  • 太い実線又は破線:形体
  • 細い一点鎖線:中心線
  • 太い一点鎖線 :データム
  • 細い二点鎖線:補足の投影面又は切断面
  • 細い実線又は破線:公差域
  • 太い二点鎖線:補足の投影面又は切断面への形体の投影

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-28580