>  > PITWORK ピットワーク トヨタ フロント ブレーキパッド 【 カローラ フィールダー / 型式 DBA-ZRE162G / 排気量 1800 / 仕様 / 年式 12.05~ / 内径 58.4 】 ブレーキ パッド パーツ 交換

PITWORK ピットワーク トヨタ フロント ブレーキパッド 【 カローラ フィールダー / 型式 DBA-ZRE162G / 排気量 1800 / 仕様 / 年式 12.05~ / 内径 58.4 】 ブレーキ パッド パーツ 交換

/ 12.05~ ピットワーク PITWORK / / 仕様 年式 パッド フロント トヨタ ブレーキパッド 内径 仕様 パーツ 【 / 型式 カローラ 交換 / 1800 排気量 58.4 フィールダー DBA-ZRE162G 】 PITWORK ブレーキ

気合いだ! 気合いだ! 気合いだ!

2011年09月07日 · コメント(0) · 仕事

スポーツは楽しい。

私はスポーツは観るのも、するのも好きである。

なかでも対面式の競技(テニス、野球、ボクシング フロントブレーキホースキット スモークホース レッド/ブラック アルミ Z2 シングルディスク 72~75年 スウェッジライン(SWAGE-LINE)、など)が好きである。

選手同士の一瞬の心理的な駆け引きの「さま」には、競技者の長い期間積み上げた特訓の成果が凝縮されている。

そしてスポーツは、選手の試合後の「発言」からも多くの事を学びとれる。

しかし、私にはそれらの中で、嫌いなある「発言」がある。

今日はその事について話したい。

それは負けた選手の「あの 【メーカー在庫あり】 三菱マテリアル(株) 三菱 フライスチップ COAT 10個入り XPGT13T3PDER-G75 HD、台詞」である。 

そう「あの、台詞」だ。

「あの台詞」が私は嫌いなのだ。

「気持ちで負けました」

「気合いが足りなかったです」

「気分が乗らなかった」

そう、精神論である。

精神の専門家がこう言うとおかしい、と思われるかもしれないが、これは絶対に間違っているのである。

なぜなら競技において問われる事は技術に裏打ちされた「戦術」でなければならないからである。

負けた後に、

・あそこで「あれ」をこうして、こうしなかったのがまずかった。

・あそこでこうさせてもらえない技術を相手が持っていた。

これらなら分かる。次にも繋がる。改良 【リジカラ [リジットカラー]】リジカラ 1TCZD[2016/1~] 2WD フロント、改善の余地がある。

敗因として、「精神論」を原因にしてはいけない。

いや、正確には「いけない」というより、敗因を「分かっていない」事に気がつかなければいけないのである。

次回の試合でその「気持ち」にならない保証はない。

そもそも、その「気持ち」になった理由が明確であれば 、議論の余地はいくばくかあろう。しかしそういったものは分からないのが一般的なのである。

もちろん、心理戦術なるものもあろう。しかしそれは「気持ち」とは別である。

相手の戦術や技術で 【SSR】 EXECUTOR EX04 (エグゼキューター EX04) 18インチ 7.5J PCD:112 穴数:5 inset:46 フラットチタン [ホイール1本単位] [H]、こういう「気持ち」にされた、というならもちろんそれは「戦術」の話であるから良い。

私が嫌いなのは「気持ちが乗らなくて」「気持ちが入らなくて」、

PITWORK ピットワーク トヨタ フロント ブレーキパッド 【 カローラ フィールダー / 型式 DBA-ZRE162G / 排気量 1800 / 仕様 / 年式 12.05~ / 内径 58.4 】 ブレーキ パッド パーツ 交換,[#tong##]

※image photo 特長【ブレーキパッド】・優れた制動性能車に動力性能に合わせた、的確で優れた制動性能を保持。・高い耐熱性ブレーキは走行中の車の運動エネルギーを熱に変え、空中に放散することでエネルギーを減少させる装置です。エンジンが高性能化するほど、ブレーキング時に発生する熱も多くなるので、より高い耐熱性が求められます。・優れた操縦安全性ブレーキ時に、車輪がロックしたり横滑りをしないようにバランスのとれたセッティングが要求されます。品質・純正部品と同等品質点検・交換の目安・ブレーキパッド:3万km走行ごと、または残厚5mm 商品詳細【車種】:カローラ フィールダー【型式】:DBA-ZRE162G【排気量】:1800【仕様】:【年式】:12.05~【内径】:58.4【品番】:AY040-TY079※画像はイメージです。※

、こういった発言である。

考えてみて欲しい。

・相手は自分よりもさらに「気持ちが乗っていなかった」可能性がある。

・自分が勝った時に「勝因」なるものを誰かに話しているそばで、「気持ちが乗らなかったから負けました」と負けた相手が話していたら、「こいつは何も分かってないな」と感じるのではないか。

もちろんこれは選手だけが悪いのでは無い。

監督やコーチが試合前/中に、選手へこういったアドバイスを送る為に起こる、とも考えられる。

的確な「戦術」を選手に送る事こそ、本来の彼らに課された仕事のはずである。しかしそれができないせいもあってか、精神論を彼らが口にすると、選手までもがそこに「敗因」を求める危険性が生じてくる。

試合前/中のアドバイスで

「気合い入れていけ」

「死ぬ気で行ってこい」

こんな「発言」であれば私にだって言えるのだ。

「日本人選手は気持ちが強いですから」

「選手の気合いに期待したい」

「ここからは、気持ちの勝負ですよ」

こういった発言をする解説者をテレビに観るたびに、私はその人物に「プロ」を感じないのである。

タグ :

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。

{yahoojp} {0004s.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-62418