>  > ピーエムシー PMC ヘックス HEX オイルクーラーコアガード XJR400 184-1130 JP店

KRAUSER クラウザー バッグ・ボックス類取り付けステー 車種専用サイドマウントステー 【K-WING】 FZ8

ページ内を移動するためのリンクです。


サイト内検索

このページはトップページ新着情報2011年コンクリート構造物の劣化深さを把握する新技術「孔内局部載荷試験器」を開発のページです。


2011年

ピーエムシー PMC ヘックス HEX オイルクーラーコアガード XJR400 184-1130 JP店

2011年1月13日

戸田建設(株)(代表取締役社長:井上 舜三)と川崎地質(株)(代表取締役社長:内藤 正)は、建設後の効率的 MONZA JAPAN Shangly ホイール 1台分 4本セット CX-5 KE##W(17インチ 7.0J 5穴 P.C.D114.3 INSET 48 マットブラック)、効果的な調査技術として、コンクリート構造物の劣化深さの把握が可能な「孔内局部載荷試験器」を開発し、健全度調査業務等への適用を開始しました。

社会資本施設を「長く、大切に」供用していくことが求められています。限られた予算で社会資本施設の長寿命化を図っていくためには、構造物建設時のコスト縮減と同時に高品質 カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 YOKOHAMA ヨコハマ DNA エコス ECOS ES300 サマータイヤ 245/40R18 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ RN-55M ホイールセット 4本 18インチ 18 X 8 +45 5穴 114.3 ノア シートカバー ZRR70W ZRR75W ZRR70G ZRR75G 一台分 クラッツィオ ET-0247 クラッツィオ ジュニア Jr シート 内装、高耐久化技術が必要であり、また、建設後の効率的、効果的な調査技術や補修・補強技術の開発が急務となっています。

劣化したコンクリート構造物を効率的、効果的に維持管理していくためには、第一に劣化の範囲や深さを的確に把握する必要があります。しかしながら、構造物の任意の深度でコンクリートの性状を現位置で確認し、劣化深度を特定できる試験方法はこれまでありませんでした。

戸田建設と川崎地質は、劣化したコンクリート構造物に対して、

ピーエムシー PMC ヘックス HEX オイルクーラーコアガード XJR400 184-1130 JP店
HAAN WHEELS ハーンホイール ホイール本体 リアオフロードコンプリートホイール R2.15/19インチ カラー:ブラック カラー:ブルー RMZ 250 (04-06)!サマータイヤ 205/50R17 93V XL グッドイヤー イーグル RV-F レオニス FY HSミラーカット3 7.0-17 タイヤホイール4本セット.【送料無料 ボルボ(V60)】 PIRELLI ピレリ ウィンター アイスアシンメトリコ 215/50R17 17インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット 輸入車 EUROTECH ユーロテック ガヤ ソリ(グロスブラック) 7J 7.00-17,オッティ用 コントローラーアッセンブリーエアコンデイシヨナーオッティ 27511-6A0A7 日産純正部品

ピーエムシー PMC ヘックス HEX オイルクーラーコアガード XJR400 184-1130 JP店

、現位置で簡易に劣化深度の特定が可能な「孔内局部載荷試験器」を開発しました。この結果 ポッシュ POSH ウインカーセット 06年-07年 CB1300SF、CB400SF SPECIII ZRタイプ スタンダード メッキ/スモーク 153083 JP店、断面修復等の補修工事におけるはつり取りの範囲や深さなど、最適な補修スペックの把握が可能となります。また、補修スペックの最適化により、施工範囲の最小化や工事費の縮減、さらに、補修工事で発生する廃棄物も最小限に抑えることが可能となります。

写真-1 孔内局部載荷試験器全景

戸田建設と川崎地質では、今後、国土交通省や地方自治体、電力事業者 、鉄道事業者等へ積極的に技術提案、営業展開を図っていく予定です。

ピーエムシー PMC ヘックス 【純正】HONDA HEX [Projectμ] オイルクーラーコアガード XJR400 184-1130 JP店

「孔内局部載荷試験」とは、コンクリート構造物の劣化深さの把握を目的とした新しい試験方法です。削孔したコア孔内(φ42mm)に試験器を挿入し、任意の深度において載荷試験を実施することで、その場でコンクリート強度の推定値を確認することが可能です。試験装置は現場での運搬・測定作業を前提に、小型、軽量化し、試験操作も簡単です。

1.コア削孔
調査したい位置にコア削孔する。削孔径はφ42mmが基本です。なお、専用のアタッチメントを使用することで75mm、100mmでも試験可能です。

2.試験器の設置
コア孔内に試験器を挿入し、コンクリート強度を知りたい深度に固定します。深さ1cm毎の試験が可能で、深度方向の強度分布を詳細に把握できます。

3.孔壁への載荷
試験器の載荷先端を孔壁へ貫入し、荷重と貫入量データを取得します。試験は横向き、上向き アクティブ ACTIVE ハイスロKIT TYPE-3 テフロンインナー 巻取φ40 T-GLD CBR1000RR 04-11 1063454、下向きなどいずれの方向でも試験可能です。最大測定可能深度は約5mです。

写真-2 コア削孔(φ42mm)

写真-3 試験器の設置

写真-4 孔壁への載荷

4.データ解析
荷重-貫入量曲線から貫入抵抗値を算出し、コンクリート強度を推定します。これまでに実施した室内試験や実構造物での試験結果から、同じ深度で6点のデータを取得し、平均貫入抵抗値を4倍することでコンクリート強度(N/mm2)を精度よく推定することができます。

図-1 貫入抵抗値の算出

図-2 コンクリート強度の推定

主な適用実績
  • 国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所
    「瀬田川砂防管内砂防えん堤調査業務」、砂防堰堤の長寿命化検討
  • 国土交通省四国地方整備局高知河川国道事務所
    「新居海岸堤防護岸調査作業」、海岸堤防の健全度調査
  • その他

以上


{yahoojp} {toda.co.jp}

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-13040