スタッドレスタイヤ ファルケン エスピア ダブルエース 225/55R17 97H & エクシーダー E04 7.0-17 タイヤホイール4本セット 225/55-17 FALKEN ESPIA W-ACE


 >  > スタッドレスタイヤ ファルケン エスピア ダブルエース 225/55R17 97H & エクシーダー E04 7.0-17 タイヤホイール4本セット 225/55-17 FALKEN ESPIA W-ACE
関西の釣りを楽しく!美味しく!もっと手軽に
関西ファミリーフィッシングの雑記帳は「Fam Fishing(ファムフィッシング)」に生まれ変わりました
D.A.D ムーヴ LA150S フロントテーブル GARSON ギャルソンFacebook43はてブ2Pocket6LINE
スポンサーリンク

お店じゃない場所から自分自身の手で食材を調達すること。そしてそれを自分自身で調理すること。

釣りに慣れた今では当たり前のことなんですが、最初はおっかなびっくりでした。「これほんとに食べても大丈夫?お腹痛くなったりしない?」みたいな。自分で釣った魚を自分で料理して食べることって、その辺に生えてる雑草を摘んで食べるのと大差ないですもん。

一方でお店で買った食材は無条件に安全という思い込みがありました。しかし実際はそうでもない。いや、かといって「放射能ガー」とか「農薬ガー添加物ガー抗生剤ガー」とか意識高めのことを言いたいんじゃなく。お店で売ってる鶏肉を生で食べればカンピロバクターで食中毒になる可能性が大いにあるし、それ以外の生肉だって生の状態で食べるのにはリスクがある。当たり前といえば当たり前。

もちろん魚も同じです。

三枚おろしなどの調理を一切していない丸のままの魚でも、店先にパック詰めされて陳列してあればそれだけで安心感があります。しかし端的に言えばその辺の海で獲れた魚をトレーに置いてラップをかけただけ。釣った魚となんら差はない。

釣った魚、お店で買った魚。入手方法はどうであれ食中毒のリスクはそれ相応にある。これはもう知識を付けて自衛するしかありません。

このブログは「楽しく釣って美味しく食べる」がモットー。そこで、釣った魚、とりわけ海水魚を食べるにおいて食中毒の原因となりえること、そしてその対策をまとめます。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-47135