>  > 【メーカー在庫あり】 ホンダ純正 カバー L クランクケース 11321-MGC-920 HD店

« 支那政権にとって、内陸アジアはその死活を握る、地政学上重要な存在なのだ | トップページ | 夫を愛妻家に変える唯一の方法が、「夫を褒める」ことなのです »

2018年1月21日 (日)

ホンダ純正 HD店 カバー ホンダ純正 クランクケース 11321-MGC-920 11321-MGC-920 【メーカー在庫あり】 L

ーー以下「ねずブログ」より抜粋編集

『古事記』については、原本は現存せず、幾つかの写本が伝わるだけだ。

成立年代は、写本の序に記された年月日(和銅5年正月28日(ユリウス暦712年3月9日))により、8世紀初めに措定される。

序文で天武天皇が、「撰録帝紀 討覈舊辭 削僞定實 欲流後葉」

帝紀を撰録(せんろく)し、旧辞を討覈(とうかく)して、

【メーカー在庫あり】 ホンダ純正 カバー L クランクケース 11321-MGC-920 HD店
カーマット フロアマット トヨタ ポルテ/スペイド 24年7~ 4WD/寒冷地仕様-スポーツチェック バイオレット!KRAUSER:クラウザー【お得な2個セット!!】【42L】システムK4サイド&トップケース[MOTOCO/モトコ].【関西、関東限定】取付サービス品80/85 ヴォクシー VOXY リアアンダー / ディフューザー【ノブレッセ】ヴォクシー ZRR80 ZS リアディフューザー ABS製,サマータイヤ 245/40R19 98Y XL ハンコック ベンタス V12evo2 K120 & ワーク シュヴァート SC4 8.0-19 タイヤホイール4本セット

【メーカー在庫あり】 ホンダ純正 カバー L クランクケース 11321-MGC-920 HD店

、偽りを削り実を定めて、後葉に流(つた)へむと欲(おも)ふ

ーーと詔(みことのり)したと記載がある。

中大兄皇子(天智天皇)らによる蘇我入鹿暗殺事件(乙巳の変(いっしのへん))に憤慨した蘇我蝦夷は大邸宅に火をかけ自害した。

この時に朝廷の歴史書を保管していた書庫までもが炎上したと言われる。

『天皇記』など数多くの歴史書はこの時に失われ「国記」は難を逃れ天智天皇に献上されたとされるが、共に現存しない。

ーー

天智天皇は白村江の戦いで唐と新羅連合に敗北し、予想された渡海攻撃への準備のため記紀編纂の余裕はなかった。

その時点で既に諸家の帝紀及本辭(旧辞)には虚実がない交ぜられていた。

壬申の乱後、天智天皇の弟である天武天皇が即位し、『天皇記』や焼けて欠けてしまった「国記」に代わる国史の編纂を命じた。

まずは28歳の稗田阿礼の記憶と帝紀及本辭(旧辞)など数多くの文献を元に古事記が編纂された。

ーー

成立の経緯を記す序によれば『古事記』は、天武天皇の命で稗田阿礼が「誦習」していた『帝皇日継』(天皇の系譜)と『先代旧辞』(古い伝承)を太安万侶が書き記し、編纂したものである。

一般的に「誦習」は「暗誦」することと考えられているが、荻原浅男(小学館日本古典文学全集)は「古記録を見ながら古語で節をつけ、繰り返し朗読する意に解すべきであろう」という。

ーーここまでwikipediaより抜粋。

古事記の時代、日本各地で、異なる文字が使われているという状況があり、一方に外国の侵略を受けるかもしれないという国際情勢があった。

このような時にどうすればよいのか。

まず国論を統一する必要があったことは申し上げるまでもないでしょう。

ーー

つまり HONDA ホンダ FREEDSpike フリードスパイク ホンダ純正 フォグライト(マルチコートブルー)+取付アタッチメントG/Gジャストセレクション用【 2011.10~2012.03】 、日本各地で文字が違っていたのでは、天皇の詔(みことのり)が隅々まで伝わらない。

それで、当時すでに国内で広く使われていた漢字を、この際、日本語を表記する共通文字として使おうということになった。

日本語の音を表記する文字としての漢字は、こうして時代とともに万葉仮名となり、それらの草書体から、ひらかなが生まれたのです。

ーー

カタカナも漢字から派生したとされていますが、それには無理があるので、おそらく神代文字から採られたもので有りましょう。

つまり、もともと文字という概念がなければ、ひらがなもカタカナもできなかったのです。

ーー

そして日本に、漢字渡来以前に、すでに高度な文字文化が栄えていた事実も、これによって裏付けることができます。

神代文字は、縄文時代の土器や、弥生時代の石版や、銅鏡、銅矛にも、たくさん見出すことができます。

いまは、それらが「意味不明のただの模様」として扱われていますが、神代文字である可能性が高いのです。

ーー

天武天皇の詔(みことのり)が発せられたのは西暦681年のことであったと、これは日本書紀にあり、特定が可能です。

そしてこの詔には、重大な事実の指摘があります。

ーー

「古事記の前に、諸家ごとに、さまざまな史書が伝えられていた」という指摘です。

このことは、実は「古事記以前に書かれた史書があった」というだけにとどまりません。

古事記以前に書かれていた史書が、諸家ごとに、それぞれの地に古くから伝わる文字で書かれていた可能性を示唆するからです。

ーー

一般に、上代の人々には文字がなく、人々は口伝で歴史を伝えたとされています。

漢字が伝わったのは、仏教伝来と同じく、西暦552年のことであったといいます。

だから、「それまで日本には文字がなかった」「カタカナやひらがなは、漢字を変形させて作ったのだ」といわれています。

もしそうであったなら何音でも作れるはずです。

ところが、「日本語は「ア」から「ン」までの48音」なのです。

ーー

実は48音というのは、濁音や半濁音や拗音、破裂音、摩擦音、鼻音 ブリヂストン 二輪車用タイヤ BATTLAX(バトラックス) BT45 (MCS08264) (リア)130/70-18 63HTL、はじき音を無視した分類なのです。

これは48音が、発音とは別の用途があったことを示唆します。

それは祈りでありましょう。

つまり、一音一音を神としていたと考えられるのです。

そのことは、秀真(ほつま)文字で書かれた「ホツマツタヱ」に記されています。

ーー

漢字は、象形化された記号の組み合わせによって成り立っている文字です。

ということは漢字が生まれる以前に、「イ」なら人を表し、「尹」は手にムチを持っている姿という記号が先に生まれ、普及していなければならないはずです。

このように考えれば、漢字以前に、一音で何らかの意味を表す記号を文字として扱う文化が、先に生まれていなければならない。

ーー

そしてそれこそが、日本に残る神代文字なのではないかと思います。

ーー

それに「西暦552年の漢字渡来まで、日本には文字がなかった」という説はもともと成り立たないのです。

なぜなら、日本に文字を扱う文化がなかったのなら、日本に「金印」が贈られることなどありえないからです。

「漢委奴国王」と記された金印は、江戸時代に福岡県の志賀島で発見されました。

この金印については支那の史書「後漢書」に、「西暦57年にやって来た倭の奴国の使者に、漢の皇帝が授けた」との記載があるのです。

ーー

漢字渡来とされる年より、500年近くも前の出来事です。

みなさまよくご存知の『魏志倭人伝』にも、魏の皇帝が「親魏倭王」と記した金印と、銅鏡100枚を倭国に贈ったと記載されています。

魏が成立したのは西暦220年、滅亡が265年、つまり3世紀の出来事です。

ということは、魏から日本に金印が贈られたのは、3世紀の出来事ということになります。

(いまでは支那の史書は全く信用できませんが)

ーー

そして「印」が文書に押印するためのものであることを考えれば、つまり、1〜2世紀の日本で、文書というものが存在しなければ、漢の皇帝も、魏の皇帝も、日本に「金印」を贈ることなどありえないのです。

ーー

とりわけ支那において、金印というのは特別な意味を持っています。

支那の印には、玉印、金印、銀印、銅印の区分があります。

玉印は、象牙でできた印であり、これは支那皇帝だけが用いるものです。

金印、銀印、銅印は、支那の皇帝が下賜する印です。

金印は、一等国、それは支那と対等もしくはそれに近い国力を持った国です。

銀印は、二等国で、支那皇帝の傘下にある国力のある国です。

銅印は、三等国、支那傘下の地方長官が支配する程度の国です。

ーー

漢や魏が、倭国には文字がないと認識していたなら、日本には、良くて泥印しか与えられなかったことでしょう。

そもそも日本に文字がなかったのなら、そもそも印を授ける理由さえありません。

つまり金印が贈られたということは、支那にとって 、日本が文字文化を持つ、支那と対等な国力を持った国であると認識されていたということです。

ーー

因みに朝鮮半島に下賜されたのは、銅印だけでした。

ーー

つまり、歴代の支那王朝からみて、歴史を通じて朝鮮半島は、常に日本よりも劣る国とみなされていたということです。

文化レベルの低い国とみなされていた。

文化レベルの低い国が、はるか高みにある国に向けて「文字を教えてやった」とか、ありえないことです。

ーー

ちなみに、古代においては、朝鮮半島の南半分は倭国の領土です。

つまり倭国と支那は、陸続きでした。

陸続きであるということは、侵略の危険と常に隣り合わせにある、ということです。

だからこそ、贈り物をし国交を保ち、敵対したり侵略されたりすることがないように、倭国は支那に気をつかっていたのです。

そして支那もまた、倭国と敵対することがないよう、金印を贈って倭国を懐柔していた。

ーー

つまり、金印授与は、対等な関係の証であり、当時の支那にとって、倭国は「征服征圧するより、国交を持ったほうが得である」と認識されていた。

ーー

魏志倭人伝の「魏」は、みなさま大好きな『三国志』に出てくる「魏・蜀・呉」の「魏」です。

その「魏」には、有名な曹操がいました。

三国志は、魏の曹操を、憎らしいほど強い奴として描いています。

つまり、それほどまでに、曹操の軍は強かったのです。

それには理由があった。

ーー

魏軍が鉄製の剣や楯を用いていた。

孫権の呉や、劉備玄徳の蜀は、青銅器製の武器です。

青銅器の剣と、鉄製の剣でが戦えば、圧倒的に鉄製が勝つのです。

ーー

なぜ魏だけが鉄製の武器を持っていたのか。

魏は倭国から鉄を輸入して使っていたのです。

倭国は砂鉄を熱して農機具を作っていた。

これを行なうには、高温をあやつる高い技術が必要です。

そして高い技術は古来、日本のお家芸です。

倭国は、鉄を生活用品に用いましたが、魏は、倭国から輸入した鉄で武器をつくり ヤマハ純正 セカンダリ スライディング シーブコ 5GM-17670-01 JP店、戦争に勝利したのです。

ーー

魏が倭を攻めなかったのは、自分では鉄を作れなかったからであることがわかります。

「ならば、征服するより、対等な相手として付き合うほうが良い」と。

だから金印を贈ったのです。

ーー

この時代の朝鮮半島に倭人以外で棲息していたのは、濊(わい)族です。

濊というのは、臭くて汚ない、つまり文化程度の低い種族という意味です。

なぜなら濊は、糞尿を意味する汚穢(おわい)の濊であり、しかもそれがサンズイです。

どれだけ汚くて臭かったかということです。

ーー

そんな濊族が、日本に文字を伝えたということほどおかしなことはないのです。

金印を贈る相手に、「文字がなかった」と考えるほうが、明らかに不自然です。

そうではなく、独自の文字を操る文化があったから金印が贈られたのです。

ーー

そして独自の文字があったからこそ、漢字渡来後も日本の文字は48個なのです。

ーー

それが「神代文字」です。

伊勢神宮には、稗田阿礼や菅原道真、あるいは源義経などが、まさにその神代文字で奉納した弊が残っています。

さらにもっと身近に、少し古い神社に行ってお守札をいただくと、その中の紙片に、まさに神代文字が書かれています。

神代文字は、実際にあったし、いまなお使われている文字なのです。